BAYER Japan SoraNavi™
XAG

Mission

見ている先の未来が違う

バイエルとXAGとのコラボレーションが業界を超えて
日本の農業をリードする

現在、世界規模で食糧問題の解決や農業の効率化が急務とされています。そのためのソリューションとして、IoTと農業の融合化など、農業のデジタル化が注目されています。特にドローンの活用は、農薬、種子、肥料の省力散布、およびセンシング技術において期待が高まっています。豊富な農薬ポートフォリオを通して日本の農業現場で約80年にわたり技術と知見を培ってきたバイエルと、革新的な農業専用ドローンによる精密散布技術を可能にしたXAG。
2社のコラボレーションから誕生した「SoraNavi™」は日本の農業をリードしてまいります。

日本の農業の未来のために

バイエル クロップサイエンス株式会社
代表取締役社長 ハーラルト・プリンツ

昨今、農業においては、生産者の高齢化と後継者問題、農家の少数・大規模化など、
様々な農業形態や農業を取り巻く環境の変化への対応が求められています。
バイエルは、そのような生産現場でのニーズと課題に応えた
的確なソリューションを提供していくことが重要と考えております。
今回XAG社との提携の背景には、互いにイノベーションに力を入れるだけでなく、
農業の発展と企業の社会的責任について認識を共有したことがありました。
両社のシナジーにより、作業の効率化をはじめ
革新的な製品とソリューションを提供し、
日本の農業にイノベーションをもたらしてまいります。

sign